「米沢音声パソコンの会」について

米沢音声パソコンの会は、会員や関係者の間では、「YOP」(ワイオーピー)と呼ばれています。
これは、米沢の「Y」、音声の「O」、パソコンの「P」の略称です。
以下では、本会のことを「YOP」と表記させていただきます。


YOPは、2002年1月14日に、山形県の南部に位置する米沢市と、その周辺に居住する視覚障害者(この時点で音声パソコンを使用していた人達)と、パソコンに詳しい晴眼者、それに視覚障害者の誘導や補助をしていただくボランティア、あわせて12名によって結成されました。

YOPの目的は、次の五つです。


1)音声パソコンを使用している視覚障害者のスキルアップ
2)音声パソコンを使用したことのない視覚障害者への普及と指導
3)音声パソコンの指導者の育成
4)YOPや他の関係者との協力と連携
5)会員間や他者との親睦


私達は、これらの目的を達成するため、これまでに次のような活導を行なってきました。

2002年10月  メーリングリストの立ち上げ(立ち上げ当時は16名の参加で、現在は27名の参加)
2003年 5月   「ウェブジングル」様のご協力により、ホームページを開設
      同月  第1回定期総会開催(この総会で「米沢音声パソコンの会」の会則が議決され、当日から施行)
2006年10月  ホームページをリニューアル
2007年 9月  米沢音声パソコンの会名義の貯金通帳を作成
2008年 8月  発会当時からの念願だったYOP専用のノートパソコンを購入
2009年 5月  ホームページの独自ドメイン取得のため、YOPホームページを一時閉鎖

また、定期的な活動としては、毎年5月から6月に定期総会と懇親会、7月から9月には1回目の勉強会、11月から12月には2回目の勉強会、そして、3月には、3回目の勉強会と新年会を行なっています。

今回、yop-hp.infoというドメインを取得し、ホームページが新たな出発を迎えたことでもあり、今後も少しずつですが、我々のできる範囲で活動を継続していきたいと思います。つきましては、これまで以上のご指導ご鞭撻をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

自称組長こと YOP会長の写真

米沢音声パソコンの会 会長の写真です。

 

IBMのノートパソコンを操作する会長 辞書を使わずに漢字が入力できるのはなぜ

ある日の会合の一こまです
こんなふうにみんなで集まって、楽しくパソコンの操作を
学んでおります。
 

ホームにもどる