YOP覚書本文

マイファイルの活用(8) 「マイファイル」をもっと身近に!  No.12
「マイファイル」をもっと身近に!


「ねぇねぇ、マイファイルって便理に使えるってことで話題になってるけど、おれのパソコンにはないよ」
「うぅん?おかしいなぁ。スタートメニューを開いて、下矢印でプログラムにいって、そして、右矢印でメニューに入ったら、下矢印でマイアプリケーションにいって、右矢印をおしてメニューの中に入ったら、下矢印をおすとマイファイルが出てくるんだけどねぇ」
「うわ!面倒くさいなぁ!もっと簡単にマイファイルにたどり着く方法はないの?」
「それだったら、ファンクションの12キーをおしてAOKメニューを開いて、下矢印をおせば、マイファイルが出てくるよ」
「でもさぁ、なんで他のソフトみたいにスタートメニューに出てこないの?出す方法はないの?」
これは、最近になってよく質問を受けることですが、皆さんも、そんな風に思ったことはありませんか?
ということで、「マイファイル」をスタートメニューに出してくる方法について説明していきたいと思います。
まず始めに、マイファイルかマイコンピュータ、あるいは、エクスプローラを起動することになりますが、音声環境では、マイファイルが1番使い安いと思います。まずは、マイファイルを起動することにしましょう。なお、次に説明する方法は、どの方法でも同じ操作です。基本的に
スタートメニューの中のプログラムから、右矢印キーをおしてプログラムの中に入り、下矢印でマイアプリケーションを選択します。
そこで、右矢印キーをおしてメニューの中に入り、下矢印をおして「マイファイル」といったところでエンターキーをおせば、マイファイルは起動します。
マイファイルが起動すると、ドライブ選択の画面になります。ここでは、基本のシステムが入ったドライブが選択されているはずですので、dos/vパソコンであればCドライブが、PC-9821シリーズであればAドライブが表示されると思います。
ただし、マイファイルのオプション設定で、「前回終了時のホルダで起動する」に設定されていると、違ったドライブやホルダが表示されますので、その際は、マイファイルのプルダウンメニューから左右の矢印キーで環境を選択し、下矢印キーでオプション設定を選んでエンターキーをおします。すると、「起動時のラジオボタン」という項目が表示されますので、上下の矢印キーで「起動時のホルダを指定する」を選択してエンターキーをおします。
ここから、windows98系とwindowsXPとでは、若干システムの形が違っていますので、まず、windows98から説明していきます。
基本システムが存在するドライブを選択したら、ここでエンターキーをおすと、ドライブのルートにあるホルダとファイルが表示され、下矢印キーをおしていくと、次々にその名前が読み上げられますので、ここでは「ウィンドーズ」というホルダを選択してエンターキーをおします。
すると今度は「ウィンドーズ」のホルダの中にあるホルダやファイルが表示されますので、ここでも下矢印キーをおしていって、「スタートメニュー」といったところでエンターキーをおします。
そうすると、スタートメニューのホルダの中にあるホルダやファイルが表示されますので、ここでも下矢印キーをおして「プログラム」というホルダを選択してエンターキーをおします。
プログラムのホルダに入ったら、またまた下矢印キーをおして「マイアプリケーション」というホルダを選択してエンターキーをおします。
そして、下矢印キーをおしていくと、「Myfile.lnk」というファイルがあります。
次に、windowsXPの場合です。
基本システムが入ったドライブを選択したら、ここでエンターキーをおします。そうすると、選択されたドライブのルートにあるホルダやファイルが表示されますので、下矢印キーをおしてその中から、「ドキュメントエンドセッティング」というホルダを選択してエンターキーをおします。そこで表示されたホルダやファイルの中から、下矢印キーをおして「オールユーサー」というホルダを選択してエンターキーをおします。そして、ここでも下矢印キーをおして、その中から「スタートメニュー」というホルダを選択してエンターキーをおします。ここでも、下矢印キーで探していくと、その中に「プログラム」というホルダがありますので、ここでエンターキーをおし、下矢印キーで「マイアプリケーション」というホルダを選択します。ここでエンターキーをおして、またまた下矢印キーをおしていくと、その中に「Myfile.lnk」というファイルがあると思います。
さぁ、ここからが大事なところです。
「Myfile.lnkというファイルが見つかったら、このファイルをクリップボードにコピーします。方法は、コントロールキーをおしながらcキーをおします。すると、「なんバイトコピー」といった音声がありますので、これでコピーは完了です。
ここまでくるにも、「えらく面倒くさいな」と思われたかもしれませんね。本来、視力があって、ウィンドーズの画面を見ながら、マウスでこの操作を行なうと、ほんのわずかの時間で目的のファイルやホルダを選択できるのですが、音声を聞きながら、キーボードからこれらの操作を行なおうとすると、これだけの時間がかかってしまうことになります。でも、キーボードから操作した場合は、これがウィンドーズの操作の基本ということで、ぜひマスターして頂きたいと思います。
さて、次の段階にいくことにしましょう。
まず、「マイアプリケーション」というホルダから2つ上の階層にある「スタートメニュー」というホルダに戻る必要があります。これを行なうには、オルトキーをおしながら左矢印キーをおすと、1つ上の階層のホルダに戻ることができます。これを2回繰り返すことによって、2つ上の階層のホルダに戻ることができます。逆に、オルトキーをおしながら右矢印キーをおすと、1つ先のホルダに進むこともできます。
上記の他にホルダを戻る方法として、バックスペースキーを使用する方法もあります。つまり、バックスペースキーを1回おすことによって、現在のホルダから1つ上の階層に戻ることができる訳です。
基本的には、オルトキーと左右の矢印キーを使用するのですが、こんな風に、これまでにたどってきた道を戻る時は、バックスペースキーを使用するということも覚えておかれるのがよいと思います。
さて、スタートメニューのホルダに戻ったら、ここで、先ほどコピーした「Myfile.lnkというファイルを貼り付けることにします。
方法は、コントロールキーをおしながらvキーをおします。すると、「貼り付け」という音声が聞こえますので、これで作業は終了です。
念のため、マイファイルを閉じたら、ウィンドーズを再起動することをお勧めします。
もう1度パソコンが立ち上がったら、スタートメニューを開いてみましょう。メニューの中に「マイファイル」という音声があれば、これまでの作業は大成功ということになりますね。
これを友達に教えたら
「スタートメニューには出てきたけど、マイファイルが1番下にあるのはなぜ?」
という質問が帰ってきました。
そうなのです。スタートメニューに出てくる名前は、50音順やアルファベット順、それに、数字の順という風に並んで出てくるものなのですが、windows98SE以後のバージョンでは、新しく名前が加えられると、それが1番下に表示されてしまうということになっているのです。
やはり、メニューを読む時は、名前順の方がいいですから、並べ替える方法についても、ちょっと説明します。
まず、スタートメニューを開いたら、ここで「アプリケーションキーをおします。ノートパソコンなどでは、このキーがない場合もありますので、その際は、シフトキーをおしながらファンクション10キーをおします。
すると、「メニューオープンという音声があります。そうしたら、上下矢印キーをおしていって、「名前順で並べ替え」という音声があったところでエンターキーをおします。
どうでしょうか?マイファイルは、ちゃんと上の方に並べ替えられていると思います。
今回は、ちょっとしたまめ知識でしたが、いかがだったでしょうか?
少しでも便理にマイファイルをご利用頂ければ幸いです。
2003/08/31



ホームにもどる
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20