YOP覚書本文

その3 文章を作ってみよう  No.28
FOMA F882iES らくらくホンスリーの使い方 1 導入編

4 文字入力に使用するボタンの配置

前述したようにこのらくらくホンでは、視覚障害者でもメール機能などが非常に使いやすくなっています。せっかくですから文字の配置を覚えてみましょう。
文字は、電話帳作成画面やメール作成画面などで入力できます。これらの詳細は別の稿とし、ここでは配置のみを記述します。
文字入力は「漢字モード」「カタカナモード」「英字モード」「数字モード」の4つに分かれれ、「文字/開始ボタン」で切り替えます。以下、書くモードで、数字ボタンを押すたびに表れる文字です。

【漢字モード】
1  あ い う え お ぁ ぃ ぅ ぇぉ 1
2  か き  く けこ 2
3  さ し す せ そ 3
4  た ち つ て と っ 4
5  な に ぬ ね の 5
6  は ひ ふ へ ほ 6
7 や ゆよ ゃ ゅ ょ 8
9  ら り る れ ろ 9
0  わ を ん ー 、 。 ・ ? ! 「 」   0
*  ゛ ゜ をつけます
#  文字の確定前であれば、一つ前の文字に戻る(例 お→え→う→い→あ)
   確定後であれば改行をおこなう

【カタカナモード】
漢字モードと同じ順番で、半角カタカナが表示されます。
文字化けになるといけないので、ここではあえて表記しません。

【英字モード】
1   . / @ ~ - : _ 〔 \ 〕 ^ ` { | } 1
2  a b c A B C 2
3  d e f D E F 3
4  g h i G H I 4
5  j k l J K L 5
6  m n o M N O 6
7  p q r s P Q R S 7
8   t u v T U V 8
9  w x y z W X Y Z 9
0  ! “ " # $ % & ‘ ’( )* + , ; < = > ? 0
*  @docomo.ne.jp .com など ドメイン多数

(注)一部、全角で書いていますが、らくらくホンではすべて半角です

【数字モード】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 * # そのままです


5 文書を作ってみよう

試しに下記の2行の文書を作ってみましょう。決して怪しい文書ではありません。

川井奈々子です。
8時にmailください。

最初は漢字モードになっていますから そのまま
2ボタンを1回押して「か」 0ボタンを1回押して「わ」 また、1ボタンを2回押して「い」  これで「かわい」とひらがなで表示されています。ここで電話帳ボタンを押すと漢字に変換します。音声をよく聞いて、目的の漢字でない場合は↓ボタンを何回か押し、「川井」となったところで決定ボタンを押して確定してください。
次に4ボタン1回で「な」 カーソルを移動するため→ボタンを1回押した後、再び4ボタンを押し「な」 2ボタンを5回押し「こ」 電話帳ボタンで変換し「奈々子」になるまで↓ボタンを押し、決定ボタンで確定。
4ボタン4回で「て」 ここで*ボタンを押すと「で」に変わります。3ボタン3回で「す」 0ボタンを「読点」と読むまで押して「。」  これで「です。」となっており、漢字変換の必要がないので、このまま決定ボタンで確定します。
「川井奈々子です。」となりましたら#ボタンで改行しましょう。

2行目です。
最初は8なので、「文字/開始ボタン」を3回押して、数字モードにしてから8ボタンを押します。「文字/開始ボタン」で、漢字モードにもどして、3ボタンを2回、*ボタンを押し「じ」、5ボタンを2回で「に」。「電話帳ボタン」で漢字変換し、「時に」。
次は、英字です。「文字/開始ボタン」を2回押し、英字モードにして、「6ボタン」を1回で「m」、「2ボタン1回で「a」、「4ボタン」3回で「i」、「5ボタン」3回で「l」。これで「mail」になりました。では、漢字モードにもどしてから順番に「ください。」と打って、決定してください。

さて、
川井奈々子です。
8時にmailください。
とい文書ができあがったでしょうか。本体右側の「読み上げボタン」を押して確かめてみましょう。
2007/05/07



ホームにもどる
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20