YOP覚書本文

その1 新しく電話帳に登録しよう  No.29
FOMA F882iES らくらくホンスリーの使い方 2 電話編

携帯電話というと、今ではモバイル機器というイメージがありますが、やはり「電話」という名前のように、その機能の主たる目的は電話なのでしょうね。
そこで、この「電話編」では、電話を受けたりかけたりする際のいろいろな便理機能について説明します。
なお、画面に表示される文字と、音声案内が異なる場合がありますが、ここでは、音声を使った仕様を前提にしています。

1、電話帳に登録する
電話帳を利用して電話をかけたり、メールを送信したりすることができます。
それには、まず電話帳の登録作業を行なわなければなりませんが、携帯電話を継続して使用されている方は、電話を購入されたお店で、前の携帯電話から電話帳の内容を新しい携帯電話の電話帳に移してもらうことをお勧めします。
携帯電話を最初に購入された方や電話帳に追加登録される方は、次のようにして登録を行ないます。
なお、電話帳に登録した場合は、着信履歴や発信履歴を確認した際、登録した名前が表示されますが、登録していない場合は、電話番号が表示されます。
また、名前で表示された場合でも、ここで決定ボタンをおすことによって、電話番号を確認することができます。
1 メニューボタンをおすと「電話帳の登録や電話してきた相手の電話番号を表示します」と音声がありますので、ここで決定ボタンをおします。
2 「電話してきた相手の電話番号を表示します」という音声があったら、↓ボタンをおし、「新しく電話帳に登録します」という音声があったところで決定ボタンをおします。
3 「名前を全角16文字以内で登録し、決定ボタンをおしてください」と音声がありますので、相手の名前や会社明など、お好みの文字を入力します。ここでは、漢字モードに設定されていますので、文字の入力の際には、文字変換を利用して入力します。入力が終わったら決定ボタンをおします。
4 「名前の読みを入力し、決定ボタンをおしてください」と音声がありますので、ここでは、上で入力した名前の振り仮名という感覚で入力します。ただし、この項目は、最初に入力した相手の名前などを機会が判別して、既に半角カタカナで入力されていることがありますので、左右の矢印ボタンをおして確認し、間違いがなければ決定ボタンをおします。もしも間違っていたら、戻るボタンや左右の矢印ボタンなどで修正を行なってください。ここでは、半角カタカナモードになっていますので、文字を入力した後で変換をする必要はありません。入力が終わったら決定ボタンをおします。
5 「電話番号を入力し、決定ボタンをおしてください」と音声があったら、登録する電話番号を入力します。ここでは、半角数字モードですので、いつも電話番号をおす要領で入力してください。なお、相手の電話が一般電話の場合は、市外局番から入力します。入力が終わったら決定ボタンをおします。
6 続いて「二つ目の電話番号を登録しますか」と音声がありますので、登録する場合は1を、しない場合は2をおします。(二つ目の電話番号も、一つ目と同じ要領で登録します)
7 「メールアドレスを入力し、決定ボタンをおしてください」という音声があったら、相手のメールアドレスを入力します。ここでは、半角英字モードになっていますので、入力した後に文字変換の必要はありません。また、アドレスを入力する際、ドメイン名、たとえば「docomo.ne.jp」やezweb.ne.jp」など、いろいろなリストが準備されています。ドメイン名を表示させるには*ボタンをおして、上下の矢印ボタンで目的のドメイン名を選んで決定ボタンをおします。
8 「1 グループなしです。数字ボタンか決定ボタンでグループを選んでください」という音声がありますので、登録しようとしている相手のグループを上下の矢印ボタンで選んで決定ボタンをおします。グループなしでよければ、そのままで決定ボタンをおします。9 「電話帳番号を入力してください。」という音声があります。ラクラクホンでは、電話帳に500件までのデータを登録することができます。なにも登録されていない電話帳では、自動的に000番に登録されますし、既に電話帳にデータが登録されている場合は、登録されている件数、たとえば10件だとすると、自動的に011番に登録されます。
10 「電話帳を登録しました。ワンタッチダイヤルまたは音声呼び出しに登録しますか」という音声があります。登録する場合は1を、しない場合は2をおします。
ワンタッチダイヤルは、ディスプレーのすぐ下に並んでいる三つのボタンで、一つのボタンで1件の登録を行なうことができます。登録しておくと、該当するボタンをおすだけで、相手に電話をかけることができます。
音声呼び出しとは、電話帳を開いたりせずに、電話に向かって相手の名前(基本的には、名前の振り仮名)を発語することによって、電話がその電話番号を探してくれるという機能です。これらの機能は、個人のお好みということになりますので、各マニュアルを参照して頂くか、項目が表示されたところで、電話帳ボタンをおして ガイドを聞きながら設定を行なってください。

※ ラクラクホンは、ミニsdカードを利用することができます。カードを利用すると、電話帳のテータをバックアップして保存することができます。さらに、1ヶ月の間に電話帳の登録内容に変更があると、バックアップを行なうようにとのお知らせメッセージを表示させることができます。
この機能を利用するには、まず、メニューボタンをおし、↑ボタンをおしていくと、「赤外線やミニsdカードを利用したり、詳細な設定行ないます」というところで決定ボタンをおします。
「赤外線を利用します」という音声があったら、↓ボタンをおして「ミミsdカードを利用します」と音声があったら決定ボタンをおします。
すると、「電話帳の保存お知らせ機能を利用します」という音声がありますので、ここで決定ボタンをおします。ここで、お知らせ機能を利用するかしないかの選択画面になりますので、利用する場合は1を、しない場合は2をおします。
この機能を利用した場合は、その月の初めになると、前の月に電話帳の登録内容に変化があると、音声ボタンをおした時に日付や時間の後に、「新しいお知らせがあります」というメッセージがあります。
このメッセージが出ている間は、決定ボタンが赤く光っていますので、そこで、決定ボタンをおすと、「電話帳のバックアップを行ないますか」という選択画面になります。行なう場合は1を、行なわない場合は2をおします。
2007/05/07



ホームにもどる
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20