YOP覚書本文

その2 新しくメールを作って送ってみよう  No.34
FOMA F882iES らくらくホンスリーの使い方 3 メール編

2 メールを書く

 らくらくホンスリーが、その真価の一端を発揮するのが、「変換候補文字列の読み上げ機能」ではないでしょうか?
 多少の違いはありますが、パソコンでメールを書くような感覚で、携帯でもメールが書けるというのは、結構便利なものです。

 1. メールの作成
 らくらくホンスリーには、「通常メール作成モード」と、「簡単メール作成モード」が用意されています。
 二つのモードを切り替えるには、メール作成画面を表示した状態で、「電話帳ボタン」を押すことで、「通常メール作成モード」と、「簡単メール作成モード」を切り替えることができます。
 「簡単メール作成モード」でのメール作成は、ウィザードによるメールの作成ですので、指示に従って、らくらくホンスリーを操作していけば、わりと簡単に、メールを作成することができます。
 しかし、「簡単メール作成モード」でのメール作成は、手順に従って、情報を入力していかなければいけないため、本文や、題名などを、先に入力することができません。
 手順どおりに進まなければいけないのは、面倒だという方は、「通常メール作成モード」を利用してください。
 ここでは、「通常メール作成モード」での、メールの作成方法について説明していきます。「簡単メール作成モード」での、メールの作成にも役に立つと思いますので、目を通しておいてください。

 2. メール作成画面
 待ち受け状態から、メール作成画面に移行するには、「↑ボタン」を、2秒程度押し続けます。
 「作成しているメールです。電話帳ボタンで、簡単メール作成に切り替えます。」
というガイドがあります。
 ここでは、「↑ボタン」、「↓ボタン」を押すことで、下記の項目を選択することができます。
 「↑ボタン」、「↓ボタン」を押して、目的の項目を選択し、「決定ボタン」を押してください。

「宛先を入力するには、決定ボタンを押してください。」
「題名を入力するには、決定ボタンを押してください。」
「本文を入力するには、決定ボタンを押してください。」
「送信するには、決定ボタンを押してください。」

 この画面は、トグル形式ではなく、
上端の「宛先入力」、
「下端の「メール送信」で、
やじるしが、とまるようになっています。

 3. 宛先入力
 「↑ボタン」、「↓ボタン」で、
「宛先を入力するには、決定ボタンを押してください。」
というガイドを選択し、「決定ボタン」を押します。
 通常、待ち受け画面から、「↑ボタン」で、メール作成画面に移行した際、「決定ボタン」を押すと、宛先入力画面に移行します。

「宛先を選んでください。」
「1.電話帳から選びます。2.直接入力します。」
「決定ボタンか、数字ボタンで、項目を選んでください。」
というガイドがありますので、数字ボタンの、1または2を押します。

 (1) 電話帳からの選択
 数字の1ボタンを押すと、電話帳が開きます。
「↑ボタン」、「↓ボタン」で、メールを送りたい人を選択し、「決定ボタン」を押します。
 「メールアドレスを選んでください。一つめのメールアドレスです。
というガイドがあります。
 メールアドレスを複数登録している場合は、「↑ボタン」、「↓ボタン」で、目的のメールアドレスを選択します。
本体右側面の、「読み上げボタン」で、メールアドレスを確認することができます。
目的のメールアドレスを選択したら、「決定ボタン」を押してください。
選択したメールアドレスが入力されます。

 (2) 直接入力
 数字の2ボタンを押すと、直接入力ができるようになります。
「宛先を入力してください。英字モードです。ガイドがあります。ガイドを見るには、電話帳ボタンを押してください。」
というガイドがあります。
 数字ボタンを押して、メールアドレスを入力したら、
「↑ボタン」、「→ボタン」、「←ボタン」を使用して、入力したメールアドレスに間違いがないことを確認し、「決定ボタン」を押してください。

 4. 題名入力
 「↑ボタン」、「↓ボタン」を押し、
「題名を入力するには、決定ボタンを押してください。」
というガイドを選択し、「決定ボタン」を押します。
 「題名を入力してください。漢字モードです。ガイドがあります。ガイドを見るには、電話帳ボタンを押してください。」
というガイドがありますので、数字ボタンを押して、題名を入力してください。
 漢字に変換するには、単語を入力し、「↓ボタン」を押します。
変換候補の漢字が、詳細読みで読み上げられますので、目的の変換候補が読み上げられるまで、「↓ボタン」を押してください。
 目的の変換候補文字列が読み上げられたら、「決定ボタン」をを押します。
変換候補が確定し、文中に挿入されます。
題名の入力が終わったら、「決定ボタン」を押してください。

 5. 本文の入力
 「↑ボタン」、「↓ボタン」を使用して、
「本文を入力するには、決定ボタンを押してください。」
というガイドを選択し、「決定ボタン」を押します。
 「本文を入力してください。漢字モードです。ガイドがあります。ガイドを見るには、電話帳ボタンを押してください。」
というガイドがあります。
 数字ボタンを押して、メール本文を入力していきます。
 漢字に変換するには、単語を入力し、「↓ボタン」を押します。
変換候補の漢字が、詳細読みで読み上げられますので、目的の変換候補が読み上げられるまで、「↓ボタン」を押してください。
 目的の変換候補文字列が読み上げられたら、「決定ボタン」をを押してください。
変換候補が確定し、文中に挿入されます。
改行するには、「#ボタン」
入力中のミスを修正するには、「*ボタン」
入力文字種を変更するには、「開始/文字ボタン」
「メニューボタン」を押すと、「↑ボタン」、「↓ボタン」を使用して、「絵文字」、「記号」、「定型文」などを選択し、入力することができます。
 メール本文の入力が終わったら、本体右側面の「読み上げボタン」を押し、本文の入力に間違いがないことを確認します。
 入力間違いを見つけたら、「↑ボタン」、「↓ボタン」、「←ボタン」、「→ボタン」を使用して、修正したい位置に移動し、間違いを修正します。
 入力に間違いがないことを確認したら、「決定ボタン」を押してください。
これで、本文の入力は完了です。

 6. メールの送信
 作成したメールを送信する前に、もう一度だけ、メールの宛先(アドレス)、題名、本文の内容に間違いがないか、本体右側面の「読み上げボタン」を使用して、確認してください。
 間違いがないことを確認したら、「↑ボタン」、「↓ボタン」を使用して、「送信するには、決定ボタンを押してください」というガイドを選択し、「決定ボタン」を押します。
アイモードに接続し、作成したメールを送信します。
2007/05/07



ホームにもどる
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20