YOP覚書本文

その4 届いたメールを転送してみよう  No.36
FOMA F882iES らくらくホンスリーの使い方 3 メール編

4 受信したメールを転送
 受信したメールを、別のアドレスに送る際に使用するのが、メールの転送機能です。
現在のらくらくホンでは、受信したメールの内容を、一文字ずつ確認することが難しいため、この転送機能を使用して、パソコンのメールアドレスに転送し、パソコンを使用して、メールの内容を、詳しく確認するといったようなこともできます。

 1. 転送したいメールを選択
 待ち受け画面で、「↑ボタン」を押し、「決定ボタン」を何度か押すと、受信しているメールの一覧が表示されます。
 「↑ボタン」、「↓ボタン」を押し、転送したいメールを選択してください。

 2. 転送メールメニューの選択
 転送したいメールを選択したら、「メニューボタン」を押します。
「↑ボタン」、「↓ボタン」を使用して、
「2 選択しているメールを、転送します」
を選択し、「決定ボタン」を押してください。

 3. 転送メールの作成
 「作成しているメールです。電話帳ボタンで、簡単メール作成に切り替えます。」
というガイドがあります。
 ここでは、「↑ボタン」、「↓ボタン」を押すことで、下記の項目を選択することができます。
 「↑ボタン」、「↓ボタン」を押して、目的の項目を選択し、「決定ボタン」を押してください。

「宛先を入力するには、決定ボタンを押してください。」
「題名を入力するには、決定ボタンを押してください。」
「本文を入力するには、決定ボタンを押してください。」
「送信するには、決定ボタンを押してください。」

 この画面は、トグル形式ではなく、
上端の「宛先入力」、
「下端の「メール送信」で、
やじるしが、とまるようになっています。

 通常、やじるしは、「宛先の入力」のところにありますので、そのまま、「決定ボタン」を押してください。

 4. 転送先アドレス入力
「宛先を選んでください。」
「1.電話帳から選びます。2.直接入力します。」
「決定ボタンか、数字ボタンで、項目を選んでください。」
というガイドがありますので、数字ボタンの、1または2を押します。

 (1) 電話帳からの選択
 数字の1ボタンを押すと、電話帳が開きます。
「↑ボタン」、「↓ボタン」で、メールを送りたい人を選択し、「決定ボタン」を押します。
 「メールアドレスを選んでください。一つめのメールアドレスです。
というガイドがあります。
 メールアドレスを複数登録している場合は、「↑ボタン」、「↓ボタン」で、目的のメールアドレスを選択します。
本体右側面の、「読み上げボタン」で、メールアドレスを確認することができます。
目的のメールアドレスを選択したら、「決定ボタン」を押してください。
選択したメールアドレスが入力されます。

 (2) 直接入力
 数字の2ボタンを押すと、直接入力ができるようになります。
「宛先を入力してください。英字モードです。ガイドがあります。ガイドを見るには、電話帳ボタンを押してください。」
というガイドがあります。
 数字ボタンを押して、メールアドレスを入力したら、
「↑ボタン」、「→ボタン」、「←ボタン」を使用して、入力したメールアドレスに間違いがないことを確認したら、「決定ボタン」を押してください。

 5. 転送メールを送信
 転送メールを送信する前に、もう一度だけ、メールの宛先(アドレス)、題名、本文の内容に間違いがないか、本体右側面の「読み上げボタン」を使用して、確認してください。
 間違いがないことを確認したら、「↓ボタン」を使用して、「送信するには、決定ボタンを押してください」というガイドを選択し、「決定ボタン」を押します。
アイモードに接続し、転送メールを送信します。

2007/05/07



ホームにもどる
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20